任意売却について

 

【任意売却とは?】



競売ではなく不動産を任意に売却すると言う意味では、通常の売却方法と何ら変わりありませんが、住宅ローンなどに滞納があり、売却の際、債権者との協議・承諾が必要なものを俗に「任意売却(にんいばいきゃく・にんばい)」と言います。

 


【任意売却のメリット】 


*残債務を減らすことができます*


売却活動は一般の不動産市場において行われるため、競売に比べ20%~40%程度は有利な取引が期待できます。
当然ながら、その分は残債務を減らすことに繋がります。



*引っ越し代など諸費用が捻出できます*


多くの金融機関では競売による問題解決を望んでいません。
誠実に金融機関との協議を重ねることにより、物件の引渡時に発生する移転先の契約費用や引越費用、棄物処理費用といった諸費用を売買代金から捻出することができます。
競売の場合はもちろん全て自己負担です。



*そのまま住み続けることができる場合があります*


親族や友人、リースバックを約束してくれる買取業者などに物件を購入してもらい、対価として賃料を支払うことにより、継続して住み続けることができる場合があります。

学校区など住み慣れた生活環境を維持することができます。



*精神的な負担が軽減されます*


競売では、物件資料の他に住所・氏名・物件の現況も公開され、買取業者など多くの人が下見に訪れ、さらに周辺で聞き取り調査なども行われます。
もちろん落札後は問答無用で早期の立退きを迫られることになります。
任意売却では、あくまでも購入希望者との話し合い(お客様の都合にも配慮された内容)により諸々の条件が決定します。
マイホームを手放すことに変わりはありませんが、ある程度新生活を予測することができ、精神的な負担が軽減されます。



【任意売却流れ】


①任意売却の相談

②物件調査・価格査定

③媒介契約

④販売活動

  • ⑤債権者や占有者との協議

  • ⑥不動産売買契約

    ⑦引越

    ⑧売買代金決済・諸費用の精算・物件の引渡

     


  •  

【業務報酬】

 

私共の業務報酬は⑧諸費用の精算時に戴く「仲介手数料(宅地建物取引業法第46条および国土交通省告示第172号)」のみです。

相談料・事務手数料・広告料・交通費など名目を問わず一切請求することはありません。

尚、売買代金が400万円を超える場合の簡易計算式は「売買代金×3%+6万円(消費税別)」です。

 

 


  •  

     


     

     

     

  •  
  •